ゆゆゆ 2期

【ゆゆゆ】勇者の章 2話、感想、火祭りについて・・・・

帰ってきた東郷さん

ドキドキしながら2話を視聴しました。まずは東郷さんお帰りなさい、いや〜良かったです。1話で帰ってきましたが、最後までかかるかなと思っておりました。これでこれからは日常回ですね(^ ^)

 

 

ですね♪( ´θ`)

 

 

ですね・・・・・・・・・・・・・・・。

 

 

なんですか最後のシーン。

 

 

またですか、またですかスタッフさん、また我々に1週間我慢しろと・・・・・・・。友奈、なんの刻印ですか、ほんと勘弁してください。どうするんですかこの後(マジギレ)

 

 

あ、シャワーシーンだと思って撮影しようと用意してたんですよ。

 

 

で・す・よ! うう・・・・

 

 

にしても大赦は園子には頭が上がらないようで、しかも今回は関わりがなかったと言うことですね。東郷さんが大赦と接触するシーンで反攻計画、と言うセリフがありましたが、これは今進行中の「くめゆ」で語られているのでしょうか。まだチェックしてないので読んでみますが

 

 

そして乃木若葉の時にも語られた奉火祭の儀式、これによって東郷さんは生贄となっていたのですね。天の神に対して意思疎通を図り、許しを乞う。屈辱ですが、今回は東郷さんが率先して自らの行動にケジメをつけました。助かって良かった!

 

奉火祭といえば・・・・・

 

ところで火祭り、と言うものをご存知でしょうか。静岡県浜松市天竜に鎮座する秋葉山本宮秋葉神社は今月16日例大祭がありまして、16日夜10時から火祭り(防火祭)が行われます。全国にある秋葉神社の総社です。

 

 

以前にもお話ししましたが、お祓いには海水での禊、人形により汚れを移す、等ありますが、この火祭りは、火によって祓う、と言う儀式です。

 

私達の遠い祖先は、中天高く吹き出た火山の火に、また雨雲を引き裂くような稲妻から、強風に煽られた大木の摩擦から起こる原始林に燃え立つ火に、恐ろしい火を発見しましたが、やがてその火を用いるようになりました。

 

それは闇をも照らす火、囲炉裏を囲んで一家団らんする火、煮炊きする火となって、人間生活にはなくてはならないものとなりました。雄大な神秘の火は、古代生活の中でもっとも神聖なものとして、火の御祭を尊びました。

 

人々には、いろいろな罪、穢れが知らず知らずにおこるものであります。これを祓い清めて明るき清き真の心にたちかえった時に、初めて神に通じるものであり、恩頼が戴かれるものであります。

 

お祓いにはお塩で祓うとか、水で祓うとかがあります。
中でも一番強い祓いは、火でお祓いするのであるといわれます。寒い冬の季節を耐え忍ぶ人々は、一日も早く野山に草木の芽吹くのを待望んで火を焚き、その力によって、うららかな春の日差しを迎えようと神の祭りが行われます。

 

こうして、古くから行われてまいりました秋葉の火まつりは、第一に火災焼亡の危急を免れ、第二に洪水波没の難を免れ、第三に諸厄諸病の難を免れ給うと、多くの人々の願いをこめて、三人の神職によってそれぞれの弓の舞・剣の舞・火の舞の三舞が、各々秘伝をもって奏されます。

 

先ず初めは「弓の舞」であります。一の神職が弓を左手に鈴を右手にとって、初めは静かに次第に激しく舞いだし舞い狂うのであります。舞い終わりますと中央に進み出て、五本の矢を東西南北の四方に向け、最後に中央の天井に向けて次々に放ちます。このあたり方によって、来る年の豊年吉凶を占うのであると言われております。

 

次に「剣の舞」であります。二の神職が左に剣、右に鈴をとって、地上の精霊を宥め、悪魔を抑える舞を舞い、左右に二振りの剣をとって、振りかざし振りかざし、罪、穢れを切り祓う舞を舞うのであります。

 

最後に「火の舞」であります。御本殿の奥深く奉安されております万年の御神燈から火を移した松明が、舞殿に移されますので、その松明を受け取って頭の上に足もとに、高く低く振りかざし振りかざし、境内の常闇の中に人々の火難・水難・諸厄諸病を祓いやる祈りをこめて、あかあかと燃えさかる火の舞を舞い、舞い狂い、舞いおさめ、火防の祭りを終わるのであります。

秋葉山本宮秋葉神社公式ホームページ

 

夜10時からです。めっちゃ寒いですが、しかし、この赤々と燃え盛る炎は本当に身が清められますので、ぜひ一度ご参拝ください!

 

人が生まれることは五行で表すと火です。火から生まれ土に帰るわけです。故にお祝いは赤を使用します。赤い着物をきて初宮詣、そして還暦になると今一度生まれ変わると言うこと、そしてもう立派な大人ということで袖がとれ赤いちゃんちゃんこを着ます。

 

 

巫女たちの奉火祭も犠牲になる巫女たちのおかげで世界が存続し、そして新しい次の世代が生まれる、とも考えられます。残念ですが・・・・・・・・

 

 

ちなみに明治になり江戸から東京になりましたが、当時、火事が大変多く、明治天皇はかなり憂慮されました。そこで防火の神である秋葉神社を勧請しました。

 

 

そしてそこは今でも神社名が残っておりまして、「秋葉原」と言います。

 

&nbsp

 

関連記事

  1. 【鬱展開】【ゆゆゆ】5話もはや覚悟は決まった・・・

  2. 結城友奈は勇者である|樹海化は幽界❓あの世の仕組み

  3. 【ゆゆゆ】4話感想、鷲尾須美の章Blu-ray届く・・・

  4. 【春日神社 】 結城友奈は勇者である2期、OPの神社

  5. 結城友奈は勇者である-勇者の章- 復習だ!見る前に確認!

  6. 【結城友奈は勇者である2期】 Blu-ray 安く買うには・・・特典は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。