ラブドール関連

シリコン・TPE・布製 |ラブルドールの素材のメリット デメリット

■お題

シリコン・TPE・布製 ラブルドールに使用される素材のメリット、デメリットをお伝えします。

ラブドールを選ぶにあたって素材選びは、最も重要な事柄の一つです。

なので今回はどんな素材が自分に合っているのか、一緒に考えましょう。

・ラブドールを選びたいけど、どれを選んでいいかわからない

・2体目の購入を考えているが、次はもっと違うドールを選びたい

そんな貴方の疑問にお答えできるかと思います。

✨オナニー実演✨THE FIRST TRACK✨東雲のの✨

■ラブドール 値段の差の原因

さて、リアルドールの値段の差には様々な要因があります。

その差は数万円から50万円することもあります。

なぜ、このような違いがあるかというと、

主な原因としては以下のようなものが挙げられます。

素材の違い

リアルドールに使用される素材によって、価格に差が生じます。

また、一般的にはシリコンは高価格帯、TPE(熱可塑性エラストマー)素材のものが安い、ということがあります。

サイズやデザインの違い

リアルドールには様々なサイズやデザインがあり、その差によって価格が変わることがあります。

そして、一般的には大型のリアルドールや複雑なデザインのものが高価格帯になります。

ブランドの差

リアルドールの製造会社や販売会社によって価格が異なることがあります。

一般的には、有名ブランドや高品質のものは高価格帯に属し、安価なものは低価格帯に属します。

以上のような要因が複合的に影響して、リアルドールの価格に差が生じていると考えられます。

なので、価格帯に応じて、それぞれの特徴や性能を比較検討し、自分に適したリアルドールを選ぶことが大切です。

というわけでここからはそれぞれの素材についての解説に入ります。

■シリコン・TPE・布製 素材のそれぞれのメリット・デメリット

さて、ラブドールの素材について、一般的に使用されるものにシリコン、TPE、そして布があります。

それぞれの素材の違いについては以下の通りです。

シリコン

高級ラブドールの素材として広く使用されています。

また、シリコン製のラブドールは、非常に柔らかく、人間の肌に近い質感を持ちます。

そして、耐久性も高いため、長期間使用しても変形や傷がつきにくいといった特徴があります。

ただし、シリコン素材は比較的高価であり、手入れにも時間がかかることがあります。

【シリコン素材のメリット】

  1. 耐久性に優れている:
    シリコン素材は、強靭で傷つきにくく、
    長期間使用しても変形しにくいという特徴があります。
  2. 質感が高い:シリコン素材は、人肌に非常に近い柔らかい質感があります。
  3. 温度に敏感:
    シリコン素材は、体温に近い温度で触れられると、
    本物の肌に触れているかのような感覚を与えます。

  4. 衛生的:
    シリコン素材は、細菌やカビの繁殖がしにくく、衛生的であるという特徴があります。

【シリコン素材のデメリット】

  1. 高価格:シリコン素材は高品質であり、その分価格が高くなっています。
  2. 重量がある:シリコン素材は、その強靭さ故に重量があり、取り扱いには注意が必要です。
  3. 硬さ:シリコン素材は、TPE素材に比べて硬いため、触感に若干の違いがあるかもしれません。
  4. 修理が難しい:シリコン素材は、破損などがあった場合に修理が難しいため、交換が必要になる場合があります。

TPE


TPEは、シリコンに代わる新しいラブドール素材として注目されています。

また、TPE製のラブドールは、シリコンと同様に非常に柔らかいです。

そして、人間の肌に近い質感を持ち、また比較的低価格で製造できるため、

価格帯の幅が広いといった特徴があります。

しかし、シリコンよりも耐久性が低いため、

長期間使用する場合には、定期的に手入れやメンテナンスが必要となります。

【TPE素材のメリット】

  1. 柔軟性がある:
    柔らかく伸縮性があり、人の肌に非常に近い柔らかい質感を持っているため、
    本物の肌に近い感覚が得られます。
  2. 低価格:
    シリコン素材に比べて低価格であるため、
    多くの人に手軽に購入できるというメリットがあります。
  3. 軽量:比較的軽量であり、扱いやすいという特徴があります。
  4. 手入れが簡単:
    汚れやニオイが付きにくく、手入れが簡単であるというメリットがあります。

【TPE素材のデメリット】

  1. 耐久性に劣る:
    シリコン素材に比べて耐久性に劣り、
    長期間使用していると変形する可能性があるというデメリットがあります。
  2. 温度に敏感:
    シリコン素材に比べて体温に近い温度になるまで時間がかかるため、
    温度に敏感な人には物足りないかもしれません。
  3. 保存に注意が必要:直射日光や高温多湿に弱いため、保存に注意が必要です。
  4. 汚れやすい:
    油分が付着すると劣化するため、
    油性のものやシリコンオイルなどの使用には注意が必要です。

布製


布製のラブドールは、一般的なラブドールに比べて非常に軽量で、

扱いやすく、価格も安価なため、初めてラブドールを使用する人に人気があります。

ただし、リアルな質感や造形はシリコンやTPE製のラブドールに比べると劣ります。

また、手入れがしにくく、摩擦に弱いため、短期間で破損する可能性もあります。

【布製リアルドールのメリット】

  1. 手軽に手作りができる:
    布製リアルドールは、材料として綿や布を使うため、
    自分で手軽に手作りできるというメリットがあります。
  2. 軽量:布製リアルドールは、軽量で扱いやすいため、移動や収納が簡単です。
  3. 肌触りが良い:
    布製リアルドールは、綿や布を使用するため、触り心地が柔らかく、ずっと触っていたくなります。

【布製リアルドールのデメリット】

  1. 耐久性に劣る:布製リアルドールは、
    ゴム素材に比べて耐久性に劣り、
    長期間使用していると変形する可能性があるというデメリットがあります。
  2. 清潔性に問題がある:
    布製リアルドールは、綿や布を使用するため、汚れや雑菌の繁殖に注意が必要です。
  3. リアル感に欠ける:
    布製リアルドールは、ゴム素材に比べてリアル感に欠けるため、

    細部までリアルなデザインが求められる場合には向かないかもしれません。
  4. メンテナンスが必要:
    布製リアルドールは、汚れやニオイが付きやすく、

    手入れが必要なため、メンテナンスが煩わしい場合があります。

明日届く?? 即納 ラブドール すぐ欲しい 最短翌日!

以上が、ラブドールの一般的な素材の違いについての情報です。ご参考になれば幸いです。

私個人としては、TPE が、初心者には向いているのでは、と思っています。

なぜなら、安価ですし、リアルで柔らかくてお勧めです。匂いはさほど気にならないですし、香水などを利用すれば問題ないです。

■まとめ シリコン・TPE・布製 ラブドール素材

さて、ここまでラブドールの素材についてみてきました。

それぞれ、自分はどれを選ぶのか、しっかり考えていただければと思います。

また、値段によって違いもあります。あまり高いものを買う必要はないです。しかし、安すぎると満足度も低い。

なので、

ちょうどいい価格帯の15万円前後のドールが最も品質も良く値段もなんとかなる範囲だと考えます。

孤独な独身男性

私がこのようなブログを書いているのは独身男性ともっと交流したいからです。

なぜなら、どうしても孤独になってしまう我々ですが、もっと幸せになるべきなのです。

独身男性が孤独を感じる原因は様々あります。

一般的には以下のようなものが挙げられます。

・仕事のストレスやプレッシャー
・人間関係の問題や友達の少なさ
・恋愛や結婚への焦りや不安
・家族や親しい人の離れたり、他界したりしたことによる寂しさ

これらの要因が複合的に作用し、独身男性が孤独を感じることがあります。

では、独身男性が孤独を解消するためには、どのような方法があるのか。

・趣味やスポーツなどの活動に取り組む。
・友達との交流を増やすことで、心の支えとなる人を得る。
・過剰な仕事やプレッシャーから離れることで、ストレスを解消する。
・自分自身のことを大切にし、自分磨きをすることで、自己肯定感を高める。
・心身の健康を維持することで、心身のバランスを整える。

これらの方法を実践することで、独身男性は孤独を解消することができます。

独身男性の多くは、ネガティブな感情を抱えている方も多いです。

しかし、誰にも気が付かれないです。
このことが非常に気掛かりなのです。

なので、趣味として、また、生きがいとなるパートナーとして、ラブドールを普及させたいのです。

なので、今後ともお付き合いいただければ幸いでございます。

コメントをいただければ幸いです。

もし、次の記事をすぐに読まれたい方は、ブックマークをお願いします。

またコメントいただけると励みになります。
承認制になるので反映までお時間をいただきます。

多くの方にドールの魅力を伝えたい

雪乃お気に入りドールランキング

-ラブドール関連
-, , ,