ラブドール関連 ロリ 社会問題

フェミこそ リアルドールを推奨すべき 未来への選択

■お題

今日は、リアルドールと過ごすことは、未来への投資であるについて、書いていきます。

最近、ドールを所持する方のアカウントがバンされたり私たちへの風当たりが強い世の中です。

確かに、リアルドールはアダルトグッズですから、一定の節度は守らねばなりません。

しかし、投稿しておられる方々は、みな真摯で楽しい生活の日々をツイートしているだけです。

ドールと暮らすことがなぜバンされる要素になるのか

なので今回は、ドールと暮らすことをひた隠しにしなければいけない世の中に対してむしろ我々の方が未来へ生きている、というお話をさせていただきます。

rpt

■アカウントバン祭り

ちょっと前のお話になるのですが、Xにおいてラブドールのアカウントが軒並み削除され、私もバンされたりしました。

何もセクシーな写真を投稿していたわけではなく、全く不本意なことでした。

聞いてみると、私の周りの方々も皆、被害に遭っているようで、楽しい毎日を台無しにされたような気分でした。

どうも海外の女性の権利を主張する方々の活動のようです。

この辺りははっきりしませんので、あまり詮索しないようにお願いします。

まじで意味がわかりません。

私からしたら、フェミの活動と、なんの関係があるのかわかりません。
女性の権利の何を侵害しているのでしょうか。

もちろん、性的な描写があるとかならわかります。

しかし、ラブドールというのは、孤独な人々を癒す、画期的な商品だと私は考えているのでこれは、明らかに暴挙と言って構わないのではないでしょうか。

性的な描写が描かれていること自体が問題だと主張するのですが、

ポルノの規制がゆるい日本ほど性犯罪少ないんですよ。

だったらこういう活動は性犯罪を増やすことになりませんか?

↓↓

jsラブドールの力で性犯罪を減らそう!

↓↓

我々はこんなアホなことしませんよ!↓

権力者は本当に馬鹿です、ラブドールの方が可愛いのにね!

↓↓

小児性愛者 ジェフリー・エプスタイン 資料公開でパニック??

■ フェミニストこそ、リアルドールを応援すべき

性犯罪は絶対に良くないです。

私は性犯罪者にもラブドールが必要なのではないか、と考えております。

なぜなら性犯罪する方、というのは病気でもあり、再犯する恐れがあるからです。

抜本的な対策をするなら、こうした性欲をコントロールできるような何かが必要なところです。

だからこそラブドールが活躍できるのでは、と思っています。

ロリから熟女まで全ての女性が揃っています。
男性を性犯罪者と思っているフェミの方々にとっては、むしろ応援してほしいくらいなのです。

それらを感情に任せて排除していくと、排除した先でまた犯罪が起きます。

平和、というのは、嫌なものを全て排除することではなく、均衡を保つことです。

日本は性犯罪が少ない国です。

その我が国は国連が怒るほど性にゆるいです。

代替できるものがあるからだと私は考えます。

むしろリアル女性が嫌だからドールを所持しているんですよ!!

だから男性を忌み嫌い、性犯罪する存在だと思うのであれば、

これでいいだろ、ということでドールを推奨してもらいたいものです。

■ 時代はリアルドールと暮らすこと

私は、そもそもリアルドールと暮らすことは未来へ生きているとも思っています。

理由は

結婚がオワコンであること

大量の独身者が増えるので寂しさを紛らわす必要がある

いずれはアンドロイドとの生活が当たり前になる

こうした理由があるからです。

結婚についてはいつも申しております。
もう今や家庭を維持できるだけの所得がなく、結婚しても仲が悪くなるだけです。

特に男性は、女性に対して権利を侵害している、との主張をされる方も多いので
男性は女性に近づかないのが正解です。

話しかけない、近づかない、これによって犯罪は起こりませんし権利も侵害しません。

なのでそちらも関わらないで下さいね、ということです。

今の20代の男性はそうなっていますよね。賢い選択だと思います。

ということで今後は大量の独身社会になる、ということです。

人口の半分が独身、との試算が出ております。
であれば、もっともっと独身生活のアップデートが必要です。

その一つが人間以外のパートナーです。ペットでももちろんいいです。
ただ、扱いが大変なのと生き物を飼うというのはそれなりの責任が伴います。

それに比べればラブドールや、小さなドールは扱いも楽ですし、気軽にお迎えできます。

もちろん家族という意識は変わりません。

また、アンドロイドへの未来へと今後は進むと思っています。
なので、今の時代から、ドールと暮らしている我々こそ、時代を先取りしているのではないかと思います。

■まとめ

ラブドールはもっともっと世間に認知されるべき存在です。
愛される存在で、身近になるべき、と私は思っています。

しかし、なかなか理解もされないのが悲しいところ・・・

これからもこうした妨害は受けるのかもしれません。

ただ、日本は、まだ大丈夫だと思っています。

とはいえ、ドールオーナーが娘を迎えることを未来への投資です。

楽しみと共に、将来健康に過ごす、寂しくない素敵な独身生活を送るために必要なのです。

まだまだ風当たりが強く、ドールオーナーの皆様も大変かと思いますが

どうか手を取り合って今後も一緒に考えて進んでまいりましょう。

もし、次の記事をすぐに読まれたい方は、ブックマークをお願いします。

またコメントいただけると励みになります。
承認制になるので反映までお時間をいただきます。

多くの方にドールの魅力を伝えたい

雪乃お気に入りドールランキング

-ラブドール関連, ロリ, 社会問題
-,