既婚 独身 社会問題

不倫する女性ばかり!結婚はリスクでしかないと気づこう

 不倫の増加と結婚の関係

不倫する女性 が増えている

不倫する女性 の数が近年急増しています。

最近では広末涼子さんの騒動が目新しいですが、
結局、結婚というものはこのような危険を孕んでいるのです。

これによって家族全てが不幸になり、
現代では再起不能になってしまいます。

なぜならSNS、やネットのせいで忘れる、というのが不可能だからです。

声優の櫻井さんの時もそうですが、
今や結婚するというのは全てを失うという覚悟が必要だということです。

そしてそのリスクを考えれば結婚しないという選択が一番賢いということが見えてきます。

不倫する女性は増加傾向

今、不倫を経験した人の割合は男性は67.9%、女性は46.3%だ。現在、不倫している人は男性は41.1%、女性は31.4%である(出所:『ジャパン・セックスサーベイ2020』)。

10人中何人? 「不倫経験者」の割合が、3年でとんでもないことになっていた…!

男性は約7割、女性も約5割、これが今の結婚の実態です。

でもこういう反論があります。

「私の家は大丈夫」

本当ですか?
この確率を見てもそのようなことが言えるのでしょうか。

日本の家庭は今やこの有様です。

もちろんこれには構造的な問題があると思っています、
そして、それに気づかず無知でいるため、結局その他大勢と同じく不倫に走ってしまいます。

男性ももちろん多いのですが、これはある意味、種の保存としては、当然の行為ではあります。

離婚して結婚を繰り返す人も多いですよね。
もちろん許されざる行為であることは言うまでもないのですが、

男性は生物的にどうしても種を広げるという性質があります。
なので不倫、といえばモテる男性が多いわけです。

その男性ですら、今や再起不能になるまで叩かれるのです。

そして問題なのが、不倫する女性が5割ということなんです。

これはすごい数字です。ここまで結婚という行為が意味をなしていないという証拠はないのではないでしょうか。
もう結婚する時代は終わりました。

↓↓

プラモデル 捨てられた夫 結婚したら不幸になるぞ!独身男性!

なぜこんなに不倫する女性が増えたのか・・・

私自身はあまりに理想と現実のギャップが大きすぎる世の中になってしまったからだと考えています。

つまりアニメやゲーム、ドラマ、漫画の見過ぎで私たちのリアルな空間はフィクションの方へ移ってしまいました。

だからこそ現実との折り合いができずに、いつかこの理想が叶うのではないか

もっと良い相手がいたのではないか、

憧れた幸せな家庭でないことに、苦しむのです。

それは当然で結婚という行為はそもそも、生きるために協力し合う制度でしかなく、

子供に至っては財産の継承、そして庶民であれば労働力の確保、という目的でしかありません。

それなのに勝手に自分の人生に意味を見出し、幸せだとかキラキラした人生だとか

精神世界の妄想を現実に当てはめてしまっているのです。

なので勝手に結婚をすれば幸せになると勘違いをしてしまうのです。

当然そんな理想は最初の数ヶ月で露と消え、

あとは他人との暮らしにストレスを感じる日々になるに決まっているわけです。

そして、それに気づかず、幸せな家庭を演じるために、

自分たちは庶民と言いながら貴族のような生活をするために四苦八苦します。

さらには理想のキラキラした家庭に不必要な両親や親族との関係を薄めて、

そのおかげで、子育てや仕事を誰の助けも受けずに、夫婦だけで行うという地獄絵図のような状況になるわけです。

そうすればカルト宗教と同じ要領になります。

反対するもの、煩わしいものを排除していけばどうなるか、

簡単です。

内部分裂を起こします。

だから夫婦仲が悪くなり、こんなはずではなかったとまた自分の中の理想に固執して不倫に走るのです

この世界は醜くて辛くて苦しいのです。

そこに目を向けず切り取った世界だけで生きていけば当然、誰かに汚いものを押し付けているのです。

高畑勲監督がおっしゃっていましたが、まさにファンタジーの糖尿病になっていることが原因なのです。

悪ことをする人を叩く快感に酔いしれる現代人

不倫は倫理的な問題だけでなく、結婚におけるリスクも高める要素です。

配偶者の不貞行為は家庭の安定を脅かし、
信頼関係を崩壊させる可能性があります。

そして社会的な制裁が半端ないです。
一昔前の女性問題というのは一時叩かれはしますが、一応は収束しました。

まあ、その家の問題であって私たちが裁く権利がないからです。

しかし今やその影響は、相手を死に至らしめるまで続きます。
ネットで手軽に拡散し、袋叩きできるので、

私刑できることに現代人は酔いしれています。

それだけ私たち人間というものが、変化してしまっているのです。

一度叩ける状況になってしまうと、
自分たちの生存本能から相手を叩き潰すまでやめないのです。

なぜなら、こんな悪いことした人たちは叩かなければいけない、
と劣等感まみれの私たちは、人を叩くことで満たされ、溜飲を下げます。

そしてまた、生贄として悪ことをする人を見つけ同じことを繰り返します。

こうして見かけだけは綺麗な世界が出来上がっていきます。

何もしないことが正義

最近の若い人たちは覇気がない、何もしたがらない

欲がない、そう言われますが、これを見れば当然だと思いませんか。

結局、何もしない人が強いのです。

結婚もしない、彼女も作らない、安定した仕事にしがみついて、とりあえず生きていく

これが一番失敗のない生き方です。

極度に失敗を恐れる若者たち、
それは、こうしたネット社会において、失敗することは死に繋がるということを本能でわかっているからです。

大谷選手はほとんどスキャンダルはないと、パパラッチたちが怒って帰っちゃったっていうぐらいです。
野球以外の欲がないんです。

当然この流れはますます強くなっていくわけですから、少子化が進むのは当然と言えます

私は独身男性として生きていくことはかなり失敗の少ない人生だと思っています。

使うお金も少ないですし、毎日静かで穏やかです、

趣味を楽しみラブドールを可愛がって、楽しい日々を送っています。

平均寿命も短いですから、早々とこの世を去りましょう。

独身男性の皆様に幸があるようをお祈りしております。

もし、次の記事をすぐに読まれたい方は、ブックマークをお願いします。

またコメントいただけると励みになります。
承認制になるので反映までお時間をいただきます。

多くの方にドールの魅力を伝えたい

雪乃お気に入りドールランキング

-既婚, 独身, 社会問題
-, ,