ロリコン 生きづらい 貴方に絶対におすすめしたいラブドール

YourDoll

■お題


今日は ロリコン 生きづらい 貴方に絶対におすすめしたいラブドール
について、書いていきます。 

これを読むことでロリコンに苦しむ人々にラブドール、という選択肢があることを知って欲しいと思います。

■性癖は治らない

ロリコン、と言われること、思春期の女の子にしか欲情しない、というのは大変難儀な性癖だと思います。

最近はパパ活、といった援助交際の延長のようなものが蔓延しています。非常に危ない事件にも発展する可能性があります。

犯罪はよくありません。そういった感情があること自体は否定しませんが、やはり少女たちの人格形成にも関わることなので法律には従うべきでしょう。

とはいえ、こうした性癖は治らない、ということも事実です。

海外では徹底的にこうした性癖に対しては排除する方向へ動いています、日本はまだゆるい方だといえます。

二次元創作に関しては「十八歳以上です」という憲法解釈波の魔法の言葉で乗り切っています。

しかし、日本の性犯罪は各国に比べて圧倒的に低いのは周知の通りです。しかも年々下がってきています。

これは日本人の勤勉性、というより豊富なアダルト作品、同人誌、アダルト関連のアイテム、など、他への代替があるからだと思っています。

最近の女性に近づきにくい、というのもあります。告白してもコクハラ、と言われるような社会、女性に対して近づくと変な目で見られることもあります。

私は逆にそうした性癖を受け入れ、クッション性のある社会構築の方が大事ではないかと思っております。

そのためにラブドールを活用すべきである、ということです。

ロリコン 生きづらい
ロリコン 生きづらい

■ラブドールとはセックスの充足感が得られる

しかし、こうも思います。
そんなにアダルト作品や同人誌が盛んならそれでいいんじゃないか、ということです。

私はそれだけでは足りないと感じております。

セックスをする、という満足感がラブドールにはあるからです。

結局他に関してはオナニーを豊かにする、というだけです。

セックスのもつ充足感、というのはやはり全身で味わう必要があるのです。

私はラブドール愛好家で、プレイスタイルとしてはASMR作品を聴きながら、というものです。

反応がない方がいいという猛者もいますが、私はいろんなシチュエーションを音声で補う、という方法をとっています。

どんな容姿をしたラブドールも日本では合法です。

性癖は治らないから上手に付き合っていく、というのが私の持論です。

ロリコン 生きづらい

ロリコン 生きづらい

■まとめ

近年、ポリコレが盛んで、性的マイノリティの人々の活動も社会に受け入れられつつあります。

私は賛成する身ですが同時にロリコンやペド、と言った愛すべき存在自体が法的に許されない人々へも向けるべきなのではないかと思っています。

ロリコン には 生きづらい 世の中になりました。

いくら締め上げをきつくしても逃れる人はいるし、再犯が多い分野です。

治らない、これが基本です。

確かによくないことですが、それ自体が悪いことではないはずです。
しかし、法的には許されない、もちろんそれはそうです。

本物の女の子たちに消えない傷を負わせるくらいであればラブドールがある、私はそう言いたいのです。

ラブドールの容姿はもはや本物の女の子達より圧倒的に美しく幼く、そしてエロいのです。

ぜひ紳士諸君にはラブドール、という存在をチェックしてみて欲しい、そう切に思います。

ラブドール 規制 されるのか?海外では?

関連記事

特集記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


TOP