最初に読んでください、独身男性はもっと幸せになるべき

暴露される。n番部屋事件の性犯罪と韓国人男性の闇の恐ろしさ。

孤独

お題

今回は、最近、世界に衝撃を与えた韓国の性犯罪事件を紹介したいと思います。この事件は、犯罪の規模や性質が特に気になるところです。

なぜこのチャットグループに、何人が関わったのか、そしてこの事件が世間に与えた影響について掘り下げていきます。

この記事は気の弱い方にはお勧めできませんが、世界で起きていることを意識することは重要です。この事件についてもっと知るために、読み進めてください。

そして、韓国男性の100人に1人が購入していた、という衝撃事実も話題になりました。

男性の欲望、というか、現代の闇が垣間見えた事件でもあったことを知ってください。

n番部屋事件 の定義

N番部屋事件」は、韓国人男性の暗躍と性犯罪への関与を明らかにした衝撃的な事件である。2019年、1万人以上の会員が利用し、違法に入手した女性の性的画像を共有していた「N番部屋」というオンラインチャットルームを警察が家宅捜索したことに端を発する。

画像を配布するだけでなく、多くの会員が被害者へのセクハラや恐喝に関与していた。 Nバンとは、韓国語の「禁止しない」に由来し、チャットルームで共有・議論できる内容に制限がないことを意味します。

Nバンルームの事件は、リベンジポルノや性的搾取などの違法行為を積極的に行う一部の韓国人男性の危険な文化を露呈しました

警察の捜査により、強姦、児童ポルノの配布、未成年者への売春の強要など、数多くの犯罪行為の証拠が発見されました。

その結果、同サイトに関与した200人以上が逮捕され、これまでに73人の容疑者が起訴されています。 この事件は、社会における男女間の不平等や女性差別に対する世論の反発を促し、韓国国内に広く影響を及ぼしました。

また、サイバー犯罪防止に関する既存の法律が、この種の犯罪に対処するのに不適切であることが判明し、監視の目が向けられるようになりました。

2. 韓国人男性のダークサイドの概要

韓国といえば、高度な技術、ポップカルチャー、そして親日的な国民性で知られる国だ。しかし、最近の出来事で韓国の別の一面が明らかになったのです。

n番部屋事件をはじめ、韓国人男性による衝撃的な性犯罪によって、韓国人男性の暗黒面がクローズアップされています。

この事件以外にも、韓国ではここ数年、女性に対する性暴力が数多く報告されている。アムネスティ・インターナショナルの統計によると、韓国では女性の4人に1人が人生のある時点で性暴力を経験しており、被害女性の3人に2人は経験したとき15歳以下だったそうです。

さらに、被害者は性暴力に対して声を上げることに伴う恐怖や恥ずかしさから、そのような事件の報告を思いとどまることが多いため、多くの加害者が罰せられ、その責任を問われることはありません。

韓国男性の過酷な状況

しかし、この事件の裏には、韓国男性の悲しき事情も関わっていることを忘れてはいけないと考えます。

他方、韓国人男性からは「女性が優遇されている」との声が挙がる

私がヒアリングした韓国人女性も、n番部屋事件は「10年来の不満が爆発した事件だ」と語る。

「韓国ではフェミニストと名乗ることがカッコいい、女性差別をなくそう、という動きが10年以上ありました。ですが、男性がデートではエスコートすべき、稼ぐべきという価値観は残っています。

それに、兵役は男性だけ。何らかの理由で兵役に行けない男性はボロクソに叩かれます。そして、性暴力がひどかったのは40代以上の世代。いまの韓国人男性は男女平等を教えられています。それなのに”女ばかりが権利を得て許せない”と感じる人がいるのも理解できます」

韓国で起きた衝撃の性犯罪「n番部屋事件」の深すぎる「闇」

私がこのサイトでよく伝えている、男性が非常に弱い立場に追いやられている、という話は何も日本だけではない、ということです。

とりわけ30代男性の未婚率は50.8%、30代女性の未婚率は33.6%と、2015年に比べてそれぞれ6.6ポイント、5.5ポイント増えている

男性に不満を持つ「韓国女性たち」の容赦ない本音

上記は韓国の未婚率ですが、日本とあまり変わりません。

まさに結婚というものが、世界からも消えていく途中なのではないかと思います。

韓国男性も同じように、孤独や孤立に苦しんでいることがよくわかります。

女性の権利主張に追いやられて全て自己責任で片付けられるのです。

もちろん犯罪は良くありませんが、こうした犯罪動画を求めてしまうのはそうした闇が根底に転がっているのです。

韓国におけるN番部屋歴史

改めて事件の詳細を書いていきます。

韓国の「N番部屋事件」は、韓国人男性の暗部を暴く、衝撃的な連続性犯罪事件です。

調査の結果、一部の韓国人男性がテレグラムやテレグラムと連動したウェブサイト上で「Nバン」ルームと呼ばれる地下ネットワークを運営していたことが明らかになったのです。

これらの部屋では、未成年の少女が大人とさまざまな性行為を行う動画や写真を購入することができました。

被害者の多くは、低所得世帯や海外出身の10代の少女で、金銭やプレゼントの提供によって誘惑され、参加するように仕向けられていました。

N番部屋事件は、家族や地域社会から保護されていない若い女性が、いかに弱い立場に置かれるかを露呈し、国民に衝撃を与えました。

この事件は韓国全土に衝撃を与え、この種の犯罪に対処するため、法執行当局と市民社会組織の両方が努力を重ねるようになりました。

これを受けて、有罪判決を受けた者に対しては、実刑判決や重い罰金などの厳しい罰則を科す新しい法律が導入されました。

この事件は、個人的な利益のためにコミュニティ内の弱者を利用し、それが心理的、社会的にどのような結果をもたらすかを考慮しないという韓国社会の不穏な傾向を明らかにした。

まとめ

「博士」と言われる犯人達は本当に多くの衝撃を与え、許せない行為をしました。

当然、こうした事件は無くさなければいけませんし、規制は強化すべきです。

しかし、この根底に流れているのは、男性への無自覚な圧力への反発、という側面もあったのかと思います。

それがこのような過激な事件へと走らせてしまう。

また、それを購入し、傍観する人を増やしてしまったのではないでしょうか。

規制をすればするほど、綺麗な世界はその裏に歪みを絶対的にもたらします。

↓↓↓

弱者男性はミニマリストを目指せ!稼がず使わず 世界に復讐せよ

もし、今後もブログをご覧いただけるのであればブックマークしていただければと思います。

また、コメントをいただければ励みにもなりますし、他の独身男性の助けにもなりますので、お気軽にどうぞ!

このページの一番下にコメント記入欄がございます。

(安全性の観点から承認制になっております)

人気娘
孤独社会問題
雪乃をフォローする
【ラブドール】独身男性は勝ち組!ラブドールを家族にするなら「雪乃の人形 極」

コメント

タイトルとURLをコピーしました